FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美大島産

先日手に入れた奄美大島産ヤマナメクジがあまりにも格好いい! 
RIMG0615.jpg

にんじんがお好きなようで。
RIMG0616.jpg

この質感。
RIMG0617.jpg


ヤマナメの飼育に関しては良く分からないところが多いので誰か教えてください・・・
スポンサーサイト

毒あま

RIMG0612.jpg
カエルはあまり詳しくないけれど猛烈に好きな種類と言うのがいくつかありまして、そのうちのひとつ
パラグアイ産ドクアマガエル!Phrynohyas venulosus 最大12cm前後だそうです。

有名なジュウジメドクアマガエルの影に埋もれがちですが個人的には圧倒的にこちらが好み。(圧倒的な地味さ)
モトイドクアマガエルという名前で流通していたり、なんだか呼び名も不安定、
産地によって模様や体格も違うようで何ともはっきりしない種類です。
パラグアイ産として売られているものは体の模様がくっきりしていてとても綺麗だと思います。
日本語で調べても英名で調べても、学名で調べても本当に情報が少ない・・。

この仲間は外敵に襲われた時などに体表から粘々した毒を出すのですが、この大きなドクアマガエルの毒は中々強く、洗っても落ちにくく、とても厄介なようです。(傷口、粘膜に入るとよろしくないようです)
よっぽどドジなことしない限り、飼育下で被害を受けることは無いでしょうが、そこら辺は徹底してちゃんとやります。

どうやら剛健な種類のようで、2回目の給餌でもうピンセットから食べてます。
温度、湿度、水質など基本的な事をしっかりやっておけば大丈夫でしょうか。
現在は特大プラケにペアで飼育しています。
フンをした時+週1で水変え、エサはとりあえず週2くらいでやってみます。

RIMG0611.jpg

レオパなどもそうですが、こういった丈夫な種類の飼育ってすごく楽しいです。安心感が!
何日も家を空けれる安心感!

ヘラオをディスってるわけではないですよ?

個人的なプチョダクまとめ 2012 11月13日現在。

しっかりまとめられた記事が見つからないウチワヤモリの種類について個人的な理由でまとめていこうと思います。気が向いたときに更新する予定です。
最大サイズ、生息地、大まかな特徴などまとめられたらなぁ・・・といった感じ。
そもそもプチョダクティルスって読み方は正しいのか?

●Sinai Fan-fingered Gecko,
Ptyodactylus guttatus おそらくこれがゴマフウチワ。

●Yellow Fan-fingered Gecko,  この3種は生息地と背中の模様が違うらしい。(フランス語サイトの翻訳で意味不・・・)
・Ptyodactylus hasselquistii hasselquistii
  (ダークブラウン、時には灰色がかった青や茶色、あるいはわずかにオレンジ色のライトベージュ。)
・Ptyodactylus hasselquistii krameri
  (背景色は暗めに、豊かな茶色を支えた。)
・Ptyodactylus hasselquistii togoensis
  (時々、オレンジ、ベージュと黄色CRE黄色、黄色がかった、。)

・・・なるほどわからん。

●Pakistan Fan-fingered Gecko,
・Ptyodactylus homolepis homolepis →見たことも聞いたこともない・・・ 調べなきゃ。
・Ptyodactylus homolepis socotranus →どうりで似てると思ったぜ。って有効なの?別種? 調べましょう?

●Algerian Fan-fingered Gecko,
Ptyodactylus oudrii 玄人好みな渋いプチョは誰も見間違えないはず。

●Israeli Fan-fingered Gecko,
Ptyodactylus puiseuxi→至高のプチョダクなので間違えようがない。種小名の読み方も危ういけど個人的に最強

●Ptyodactylus ragazzii →一般受けしそうなほど格好いいので間違えようがない。ラガッツィ先輩

プチョダク

ゴマフウチワヤモリ
RIMG0604.jpg
壁面も登れるんだけど大体地面に居ますね。
指先の形が団扇状になっているのでかなりの登攀能力かとおもいきや、プラケとかは苦手なようです。
↑↑↑(そんなこと無かった、状態が安定してきたら壁に居ることも多くなりました。半々位です。2012.11.15)


もう少し大きなケージに移して岩とかレイアウトしてみようと思います。

エサはもう最初から冷凍イエコを頑張って食べさせました。そのうちピンセットに慣れてくれそうな雰囲気です。
RIMG0607.jpg

ぱーっと調べた感じでは、昼間高温、夜間かなり低温 と言うことですが、温度に関してかなり丈夫、湿度も脱皮不全には注意しつつ乾燥気味?
しばらくキープできたらケアシートまとめてみます。




Ptyodactylusもまだ格好いい入ってきてないようなやつも居ます、夢がありますね。
リンク
影山爬虫類Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。