FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメについては全然詳しくないです。

カメって丈夫な種類が多いし、大きくなるのが魅力ですが、そのためあまり色んな種類をホイホイ飼うわけにもいきませんよね・・・。
なので飼育経験も飼育した種類もすごく少ないです。
図鑑とかネットとかお店などでひたすら見てどれがいいかなー ってよく考えていましたが。


2014年 暫定 個人的に好きなミズガメTOP11

なぜ11かって、それは一歩先を行きたいからです。


11位 ヒラリーカエルガメ

10位 リオグランデクーター

9位 カブトニオイガメ

8位 サルヴィンオオニオイガメ

7位 ムツコブヨコクビガメ

6位 オーブリーフタスッポン

5位 ムツイタガメ

4位 ウィリアムズハコヨコクビガメ

3位 フロリダアカハラガメ

2位 アダンソンハコヨコクビガメ

1位 ペニンシュラクーター



クーター四天王、ハコヨコ七英雄(謎)を入れてしまうと一発で終了してしまうので少なめに抑えました。
あとはマタマタとかも入りそうだったのですが、ちょっとあまりにも飼える気がしないので次点、ではヒラリーは飼えるの?
「ハコヨコに対する想い」とか、「クーターの好きさ加減」はまたいつか書こうと思います。

本題
RIMG0353.jpg
これ下になってるほうがオス確定で、上はメスかなー?っていう個体なんですが、こういうことするんですか?
正直怖いんです。
スポンサーサイト

去年うちで生まれたヒョウモントカゲモドキの一見スーパースノーかな?と思っていた個体を育ててみたところ柄が両親のモルフからは考えられない色柄に成長して困惑しながらもその地味さが個人的にすっごい好みだった・・・!?USCBの良くも悪くもヘテロの入ってる確率に震えるッ!













RIMG0329.jpg

去年生まれたレオパで面白い子なんですが、モルフが不明です。
個人的にはこういったぼんやりした色彩が好きなのでかなり気に入っています。
ちょっとこ汚い(褒め言葉です)感じが、低温飼育による黒化のようにも見えますが、
この子もほかの子たち同様、かなり温度高めで飼育しています。

さて、なぜこの子の品種が”不明”かといいますと、両親の品種が
♂マックスノーhetベルアルビノ
♀ベルアルビノ

なので、本来ならばこの両親から生まれてくるのは・・
ノーマル
マックスノー
ベルアルビノ
マックスノーベルアルビノ

この四択のはずです。 んんん・・・どれにも当てはまりそうにないです。
親のUSCB個体にブリザードやパターンレス、リューシあたりのヘテロが入ってたのかと思いますが・・・。

とりあえずはすごくお気に入りの個体です。


ゼブラ ザ ベスト

ゼブラローチ Eurycotis decipiens

RIMG0322.jpg

ゼブラローチについて思ったことでも書きましょう。

うちではいろいろな種類のゴキブリをキープしていますが、一番気を使っているのがこの種類です。
10匹+卵鞘いくつかぐらいから初めて、順調に殖えていたのですが、2世代目から露骨にダメそうな卵とか奇形とかが出はじめました。
このまま滅亡の一途を辿ることになるのか・・・



ところが十数ヵ月後
そこには元気に走り回る子供たちの姿が!
RIMG0320.jpg

RIMG0318.jpg

あきらめずに色々したら大丈夫になったのでよかったと思います。







個体密度が高すぎると調子が悪くなるような気がするので、増えすぎたら小分けにする。

排泄物の量が多くなると悪そうなので、半年ごとくらいには変えたほうがいい気がする。

げっ歯類フードメインで飼っているのですが、たまにドッグフードなど与えると非常に食いが良い。

意味があるのかはわかりませんが、イカの骨を入れたら結構かじっているところを見かけます。

リクガメフードとかゲッコーフードとか食べ残しも与えてみた。 有効だったのかは謎。

ほかのゴキブリより気持ち温度高めにしている。
リンク
影山爬虫類Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。