FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒガシアフリカネコツメヤモリ

ところでこのヤモリを見てくれ、こいつをどう思う?
higasi
すごく・・・かわいいです!

といった感じで僕のネコツメブームのきっかけとなったヒガシアフリカネコツメヤモリです。

ヒガシアフリカネコツメヤモリ
Homopholis fasciata

最大でも10cm前後と小柄なヤモリなので小さなケージで飼える上、丈夫!餌食いもすごく良い。
胴長短足で丸っこい感じの顔面、そして崩れ気味の帯模様・・・
地味過ぎず派手過ぎない、落ち着いた感じのところが僕的にはたまらないです。
sRIMG2219.jpgsRIMG2222.jpg


飼育環境
sRIMG2226.jpg
特大プラケースでペア飼育です。
2ペア飼っているのでこんな感じのケースが2つあります。

単独飼育であれば(ペアであっても)もう少し小さめのプラケースでも十分に飼えるかと思います。
(幅30、高さ20くらいのプラケで単独飼い2年位しましたが、まったく問題無しでした)


保温は関東以南、室内であればパネルヒーター一枚壁に貼ればOKかと思います。
24~29℃を保ち、ホットスポットがあればベストのようです。うちではヒーターのみです。
短時間であれば低温にも割と強い感じがします。

湿度はそれほど必要としている感じはしませんが、今は一応毎日霧吹きしています。
過去2年間は週に2回程度の霧吹きでしたが、まったく問題はなさそうでした。
今年からちょっと繁殖も考えて霧吹きの回数で季節感を付けてみようかと考えています。

餌は大抵はピンセットから食べてくれるようになると思います。
うちでは4匹全員すぐに餌付いてくれました。
本当に貪欲に食べてくれるのですが、食べすぎで吐き戻すこともあるので、”少ない量を小まめに”
うちでは給餌しています。
ホットスポットがあれば消化に良さそうですが、小さいケージでは熱中死のほうが怖いのでなかなか試せていません。
餌はうちではほとんど冷凍コオロギです。他にはレッドローチをたまに使います。
冷凍イエコのMを2-4匹、痩せ具合を見ながら週三回くらいの間隔で、
内2回はカルシウムをかけて与えています。
ヒガシアフリカネコツメヤモリも他のヤモリ同様、首の付け根にカルシウムを溜め込むので(特に♀は)どんどん膨らんでいきます。
あまり溜め込みすぎるのもあれかと思い、うちでは様子を見ながらカルシウムの量は調節してみています。

本当に貪欲に食べるので、多頭飼いしていると餌の奪い合いで頭をかみ合ったりもします、そこら辺は飼育者のピンセットテクニックでカバーします!


小さくて丈夫!
強いて注意点を挙げれば餌の与えすぎ、低温などによる吐き戻しに注意!といったところでしょうか。
もっと人気でてもおかしくないと思うのですがねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
影山爬虫類Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。