FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちのCBスベヒタイヘラオ



こんな感じ。

うちで殖えたヤモリはほぼ100%ピンセット給餌に慣らせています。
撒き餌にして狩りをさせたほうが自然かなとも思いますが、
樹上性ヤモリに関しては特に土食いが怖いのでピンセットです。
そして多頭飼育の場合も多いので、1匹1匹に餌が確実に行き渡っていることを確認するためにも
ピンセット給餌は優れています。

注意点は
・糞を取ったり雑用に使うピンセットでは給餌しない、餌用ピンセットを用意する。
・小まめに餌用ピンセットを消毒する。


そしてこのケージは小さいですが、これは「お試し」です。

ヘラオヤモリのワイルドは狭いケージで飼うと状態を崩しやすいですが、
CBのヘラオは(スベヒタイなので特にでしょうが・・)その点かなり強いです。
まったく餌食いは落ちません。

ただ、やはりケージのサイズダウンは禁物です。大きいケージから小さいケージに移すとかなりストレスになるようです。

なので、うちで生まれたヘラオは結構小さめのケージで成長させ、少しずつ体長に合わせてケージを大きくしていっています。
狭すぎても成長が遅くなるので、うちでは最低でも全長の1.5倍以上のプラケースでキープしています。
10匹近くいますが、フルアダルトでも特大プラケースで難なく飼えています。


スベヒタイヘラオはヘラオの中でも群を抜いて丈夫です。
何よりも飼育温度が 昼29℃ 夜27℃ とかなり現実的な数値なのでとても飼育しやすいです。
ヤマビタイなどは 昼23℃ 夜18℃ が理想なので、なかなか長期飼育が難しいです。
(僕はヤマビタイが一番好きなので絶対に繁殖成功させたいのですが・・・。)

お腹がすいたので今日はこの辺で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
影山爬虫類Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。