FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンドボアの良さ! その2

ケニアサンドボアの魅力を余さずに語ろうという記事の2回目はモルフ。

使いまわしの写真が多いですが、それぞれ紹介していきましょう。(家に居るor居た分のみですが)

●ノーマル
sand_boa03.jpgsand_boa04.jpg
野生の個体をあまりたくさん見たことないのですが模様は同じような感じで、オレンジ色の部分がもう少し薄かった気がしますが個体差でしょうか。オレンジ色の強い個体や明色部面積の多い個体などを選んで交配させていくと面白いです。ちなみのこの個体はスノーのヘテロ(表現はノーマル)でした。
猫目がとても可愛いです。


●アネリ
sand_boa01.jpgsand_boa02.jpg
みんな大好きアネリ。モノトーンの牛柄がとても可愛く人気がある気がします。
ノーマルで明色だった部分が白く抜けます。
モノトーンとはいえかなり個体差があり、暗色部が真っ黒なもの、茶色いものがいます。
おそらく親個体次第だと思うのですが、あまりにも真っ黒な子の写真を見たことがあり、あれは明らかに別物オーラをかもし出していました。
またちょっとめんどくさい内容の個人的好みのアネリについて書き始めてしまったので消しましたw

黒目がとても可愛いです。


●アルビノ

・・・は、手放してしまったので写真がございません。すみません!
ノーマルで暗色だった部分が黄色、ベージュに色が抜ける感じです。
明色部は親個体次第になるので、鮮やかなオレンジだったり、薄い黄色だったりします。
ちょっと不気味な色合いが相当格好いいと思いますが、アネリの可愛さに負けてあまり人気がないような気がします。流通量も少なく、若干高価です。
猫目がとても可愛いです。


●スノー
RIMG0431.jpgRIMG0432.jpg
ノースー。アネリ×アルビノです。
こちらも親次第でかなり個体差があります。一見アルビノと区別がつき難いような個体もいたりしますが、猫目にはならないのでしっかり見れば間違えることもないです。ブドウ目というのでしょうか?赤みがかった黒一色の目になります。
赤みがかった黒一色の目がとても可愛いです。


●ドドマ
RIMG0430.jpgRIMG0429.jpg
ドドマたむ
この子ぐらいのオレンジ色のノーマルは結構居たりしますが、この子はドドマです。
実際モルフというよりも地域個体群といったほうが正しいのでしょうか、タンザニアはドドマバレーのケニアサンドボア(!)だそうです。
暗色模様の入り方が根本的に何か違い(!)、後頭部の色の抜け方は完全に別物です。なんとも口では言い表せませんが、一目見ればまったくの別種のような印象を与えます。

ここから噂ですが、サイズが通常のケニアより小柄、老成しても黒化しない。 らしいですが、こればかりは実際育ててみないと分からないです。 ただ海外のサイトで見るドドマたちは確かに黒化は少なく思えます。
後頭部まで広く色が抜けるため頭でっかちに見えてとても可愛いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
影山爬虫類Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。