FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年うちで生まれたヒョウモントカゲモドキの一見スーパースノーかな?と思っていた個体を育ててみたところ柄が両親のモルフからは考えられない色柄に成長して困惑しながらもその地味さが個人的にすっごい好みだった・・・!?USCBの良くも悪くもヘテロの入ってる確率に震えるッ!













RIMG0329.jpg

去年生まれたレオパで面白い子なんですが、モルフが不明です。
個人的にはこういったぼんやりした色彩が好きなのでかなり気に入っています。
ちょっとこ汚い(褒め言葉です)感じが、低温飼育による黒化のようにも見えますが、
この子もほかの子たち同様、かなり温度高めで飼育しています。

さて、なぜこの子の品種が”不明”かといいますと、両親の品種が
♂マックスノーhetベルアルビノ
♀ベルアルビノ

なので、本来ならばこの両親から生まれてくるのは・・
ノーマル
マックスノー
ベルアルビノ
マックスノーベルアルビノ

この四択のはずです。 んんん・・・どれにも当てはまりそうにないです。
親のUSCB個体にブリザードやパターンレス、リューシあたりのヘテロが入ってたのかと思いますが・・・。

とりあえずはすごくお気に入りの個体です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
影山爬虫類Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。